お知らせ

今、町田市では、財源不足などを理由に身近な公共施設を統廃合しようとする計画がすすめられています。市の計画に対して意見を言うには市民も市の行財政について学ぶ必要であるとして、当会では、まちだ自治研究センターと共催で「市民が考える町田の行財政」と銘打った学習会を3回シリーズで開催しました。(学習会の報告は以下に掲載しています。)

 

同時に、当会の会員の有志が中心となって多くの市民と手をつないでこの問題に対処しようと「まちだ未来の会」を立ち上げました。当会としては、この「まちだ未来の会」の活動をサポートすべく、このホームページ上に「まちだ未来の会」のページを作りました。

今までの活動を紹介、公共施設再編計画についての請願署名簿もダウンロードできます。

 

学習会の参加報告

2017年7月21日に行われた「市民が考える町田の行財政その3

町田市の財政と指定管理者制度 -図書館の問題を中心にー」の参加速報(とりあえずの報告です)

参加者は一般の方とか図書館の嘱託労の方(私たちが受付をした方たち)が33名、市職労の方(別の受付)が11名、計44名で、他市の方の参加もあり、なかなか盛況でした。図書館の職員、嘱託職員の方もたくさん参加していました。

1番目の高松さんの「町田市の図書館はいまー現場からの声ー」では、

・図書館の資料費の削減状況とそれに伴う影響:副本を入れない→リクエストをしてもなかなか順番が回ってこない。蔵書の多様性が狭まる→情報の多様性が下がる、サービスの多様性が減る、借用でしのいでいる。書架の内容が古いまま、あと2,3年もすると町田の図書館の書架が魅力的でなくなることを危惧。

・再編計画の中の図書館の部分について説明後、図書館内でも計画に対する検討が始まっている、といってもまだ情報収集の段階で、同規模の図書館の調査を始めてるということでした。

・指定管理のことにも触れ、運輸省の地方交付税のトップランナー方式の対象から図書館などがはずれたこと、指定管理者制度が最初は賑わいを呼ぶなどのポジティブな注目のされ方をしたが、選書のずさんさなどネガティブな注目のされ方をしていることなどを説明されました。

・(5ヵ年計画17-21の行政経営改革プランに謳っている)「図書館のあり方の見直し」として、「図書館の効率的、効果的な運営」とあるが、効率的、効果的なサービスを求めすぎるとサービスの低下を生むのではないかとの危惧を表明されました。市の課題解決の対象になっているわけなので、市民がどう考えるかが市の意思決定に大きく反映する力となる。職員も頑張るが市民の方たちも頑張ってほしいと結ばれました。

  図書館問題についての職員の方の話を初めて伺い、職員の方が公共施設再編計画職員の方々がどう受け止め、どのように対処しようとしているかが少しわかりました。

 

伊藤さんの話は、1時間の内容で、資料もあっての話でしたので、詳細は知恵の樹に報告が乗りますので、印象に残ったことだけをお伝えします。

・東久留米市が図書館協議会も反対意見を出し、パブコメで95%が反対しているにもかかわらず、指定管理者制度を導入した事例。昭島市では、市民図書館の基本方針・基本計画(案)について意見募集をしたが指定管理者制度に関する反対が一つもなかったということ、市民活動をしてもダメだった事例と、市民が関心を持たなければ、指定管理者制度もすんなり通ってしまう事例で、2つの事例がショックでした。

・町田市の図書館の話では、評価指標がどれだけの資料やサービスなどを提供したか(アウトプット)に偏っているが、サービスなどを提供した結果として地域や住民に対して実際どのような成果がもたらされたか(アウトカム)を表す指標が必要であるということで、アウトカムという言葉を始めて知りました。

・指定管理者制度は、本来施設の管理とそこで行われる業務を一体として行われるべき。従来は管理委託とされていた業務だが、公的団体以外に民間企業もできることにした時に、指定管理者制度となった。複合館では、館全体の管理を指定管理者に任せ、さらに色々な業務が入っていると業務(フロア)によって別の指定管理者も入ったりすることがある。これは問題。本来は、館全体は市が管理し、(業務委託で業者に出すことはあっても)個々の業務ごとに委託に出すのがよい、そのほうが市民の意見も反映されやすいとの話も貴重な情報でした。(ポプリホールが館全体を指定管理にしているので、市民の意見を反映してもらいにくいという経験から納得しました。館全体を指定管理にすると、そこが撤退した時に機能しなくなるという問題もあるのでしょう。)

・最後に公共施設再編計画に関連しては、再編や集約といっておきながら、具体的な図書館名を公開していない。すべての資料を公開して市民に提供すべき。また、説明会も10カ所で1か所10人程度だったというのは、市民からの意見を聞き、説明も行ったといえるだろうか?と疑問を呈され、情報公開や説明責任のあり方も、市民再度から声和げて行くことが必要であると結ばれました。

そして、どんどん情報公開を請求して、公開された資料を使って市民同士や議会、行政と議論を戦わせるべきと檄を飛ばされました。

とても勉強になった学習会でした。(鈴木真佐世)

 


学習会開催

今年度は町田の行財政について学ぶ学習会をシリーズで行ってきました。


市民が考える町田の行財政 その3 (終了)

町田市の財政と指定管理制度ー図書館問題を中心に-

日時:2017年7月21日(金) 18:00~20:00 

会場:町田市立中央図書館6階ホール

内容:①町田の図書館はいま―現場からの声ー

    高松昌司さん(町田市職労図書館六分会協議会)

   ②町田の財政と指定管理者制度

    伊藤久雄さん(東京自治研究センター理事)

参加:当日、直接会場にお越しください。 参加費:無料 

主催:町田自治権研究センター/町田の図書館活動をすすめる会

問い合わせ:自治労町田職員組合内 まちだ自治研究センター ☎042-724-2194

 または町田市役所内線5739  FAX 042-724-5903   

 

ダウンロード
市民が考える町田の行財政その3チラシ.pdf
PDFファイル 138.5 KB

町田市の生涯学習や文化行政に関心を寄せる市民の会「まちだ未来の会」よりお知らせ

 

まちだ未来の会 第3回学習会

市の「施設再編計画」にもの申す!ー町田の未来を考える市民、大集合ー

 

町田市では、今「公共施設再編計画」の策定が進められています。計画には、生涯学習センター、図書館や文学館、博物館、自由民権資料館など、人間としての精神的豊かさや自立心を育むために重要な多くの生涯学習・文化関連施設について、統合・圧縮による総量の削減、存廃の可否、民間活力の導入などの検討が盛り込まれています。計画内容をしっかり把握し、市民生活がより豊かになり、未来ある子どもたちが夢を持てるような町づくりについて意見交流をしながら、市民による市民のための「公共施設再編計画」を練りあげましょう。

日時:2017年7月29日(土)午後2時~4時30分

場所:町田市民フォーラム4階 第2学習室

内容:参加者によるフリートーク

参加費:300円(資料代)

申込み:当日、直接会場へ。

主催:「まちだ未来の会」 

 

連絡先: TEL 090(6102)1718(守谷)

 

*「まちだ未来の会」は、町田市の生涯学習や文化行政に関心を寄せる一般市民の会です。

 

ダウンロード
町田市の公共施設再編計画の行方に関心のある方はどなたでもどうぞ。
まちだ未来の会第3回学習会ご案内.jpg
JPEGファイル 688.8 KB

『知恵の樹』の最新号


5月30日に知恵の樹213号を発行しました。

・巻頭言では、「まちだとしょかんまつりに参画して」と題して、萩原尚氏(おはなしグループ/

チョコの会代表)が、今年3月に町田の図書館全館でおこなわれた「まちだとしょかんまつり」の実行委員会コアスタッフとして関わったことから、数年前に松本の小学校で、また安曇野のお年寄りに、そして被災地の仮設住宅のお年寄りに、昔話を語った時に、子どももお年寄りも皆昔話の世界に入りこんで楽しみ、心が癒すことができるという昔話の持つ不思議な力を感じた経験を述べ、「としょかんまつり」がこどもから年寄りまで広がっていくことを期待すると結んでいます。

・としょかんまつりの一環の当会主催講演会「どの本読もうかな?!ー2016年度児童書新刊

から」講師:広瀬恒子さん(親子読書地域文庫全国連絡会代表)の報告(文責:会員の山口洋氏)では、たくさんの本を挙げながら2106年度の児童書の特徴を述べ、最後にこれからに向けたの問題として、子どもと本をつなぐ活動で出会う子どもが低年齢化していること、中高生では個人差よりも学校間差が大きいことを挙げた。児童文学の独自性として、大人たちは「この世は生きるに値するということをメッセージとして伝える」ことがある、その例として『アウシュビッツの図書係』(集英社)を挙げて締めくくった。

・5/23町田の自治研センターと当会の共催による<市民が考える町田の行財政その2>「公共施設等

総合管理計画」-市民生活にもたらす影響は?ー(講師は前回と同様、伊藤久雄氏)ー 講演の詳細は次号で、参加しての感想(会員の鈴木真佐世)

・4/24代16期図書館協議会第16回定例会報告(館長より人事異動、3/4と4/1の定例教育委員会その他の

報告(2017年度予算について:生涯学習部の予算、図書館費共に減額。資料費は増額)、PRについて委員から色々発言有。委員長報告(3/27生涯学習審議会報告など)協議事項(図書館評価について)

・ひろば(4/25当会定例会報告)

213号の紙媒体は各図書館でお持ち帰りいただくことができます。PDF版は2017年度の会報のページでご覧ください。

 




市民が考える町田の行財政 その2 (終了)

「公共施設総合管理計画」ー市民生活にもたらす影響は?-

日時:2017年5月23日(火) 18:00~20:00 

会場:町田市立中央図書館6階ホール

内容:「公共施設総合管理計画」から見えてくる課題・他市の状況など

講師:(東京自治研究センター理事、NPO法人「まちぽっと」理事

参加費:無料

主催:町田自治権研究センター/町田の図書館活動をすすめる会

問い合わせ:自治労町田職員組合内 まちだ自治研究センター ☎042-724-2194

または町田市役所内線5739  FAX042-724-5903 

 

ダウンロード
市民が考える町田の行財政その2 チラシ.pdf
PDFファイル 134.4 KB

第1回目の学習会は3月10日に終了しました。

 

2月15日に、町田市では「まちだ未来づくりプラン」に基づく「町田市5ヶ年計画(17-21)」が、市のHPに公表されました。また、「町田市公共施設等総合管理計画(実行計画)」の策定が進められています。そこでは、図書館や博物館、自由民権資料館、市民文学館など多くの生涯学習関連施設について、再編・統合、存廃の可否、民間活力の導入などが明記されようとしています。

人口減少や高齢化の進展による税収の落ち込みに加えて、これから増大が見込まれる社会保障費や公共施設の維持管理経費などにより、市の財政が危機的な状況になるというのが理由のようです。この間、図書館資料費が大幅に削減されているのも背景は同様と考えられます。

市民生活に不可欠な図書館、また町田らしい文化発信拠点としてユニークな活動を展開してきた文学館などの施設について、これからも拡充させていかなければなりません。

そこで、これからシリーズで、町田の行財政について市民の視点から考えてみたいと思います。当面は図書館を中心にした文化施設にスポットを当てて、掘り下げてみたいと思います。 第1回は、財政状況の全体をつかむため、講師の解説のもと『町田市の財政』を読みます。奮ってご参加ください。(参加は申込制です。)

日時:3月10日(金)18:00~20:00

会場:町田市立中央図書館6階ホール
主催:まちだ自治研究センター/町田の図書館活動をすすめる会

詳細は下記のチラシPDFをご覧ください。

ダウンロード
市民が考える町田の行財政その1チラシ.pdf
PDFファイル 143.0 KB

2月28日に知恵の樹210号を発行しました。

・巻頭言では、絵本『宮沢賢治の鳥』の発刊を記念して、作者の国松俊英さんが、賢治が鳥、殊に野鳥を深く愛し、生き物全ての生命を大事に思っていた様子などを語ってくれています。国松氏は、日本児童文学者協会、宮沢賢治学会、日本野鳥の会会員。賢治作品の鳥について観察や研究を長く続けており、当会の会員。

・『本の寺子屋』が地方を創るー塩尻市立図書館の挑戦』を読む(駒田和幸さんの投稿)

・三多摩図書館研究所研修ツアー参加報告ー一宮市立中央図書館・小牧市立図書館見学、小牧市立図書館を考える会との懇談会、田井郁久雄さんの講演・シンポジウムに参加して(参加各氏による報告)

・第16回図書館協議会第14回定例会報告

・講演会報告「地域資料・情報サービスの積極的な展開を考えるー住民生活と地域社会における確固たる位置づけを占める図書館をめざすために

・当会1月例会報告

210号の紙媒体は各図書館でお持ち帰りいただくことができます。PDF版は2016年度の会報のページでご覧ください。


永山公民館市民企画 連続講座「中央図書館は未来を開く」第3回 終了)

「図書館が日本を救う―図書館の可能性―」

♢講師 常世田 良 氏     立命館大学文学部教授(元浦安市立図書館長・日本図書館研究会理事
    多摩市立図書館本館再構築基本構想策定委員会委員)

♢内容 全国でもトップクラスの優れた図書館サービスを展開している浦安市立図書館の元館長

    常世田 良氏に、図書館の役割・使命、図書館の可能性について実例を基に話していただき、   

    これからの多摩市立図書館のめざすところを、市民と行政と一緒に改めて考えます。

◇日時  2017年1月15日(日)午後2時~4時30分

◇会場  ベルブ永山(永山公民館) 4階 集会室
      京王線・小田急線永山駅下車徒歩3分   
◇定員  45人(申込 先着順受付中)
            全回参加優先。定員に余裕があれば1回でも可能           
◇参加費 資料代 300円

申込先はチラシをご覧ください。連続講座の今後の予定も載っています。

 

ダウンロード
2017.1.15.永山公民館連続講座第3回常世田良氏チラシ.pdf
PDFファイル 313.3 KB

 永山公民館市民企画    連続講座『中央図書館は未来を開く』第 2 回 

終了。参加報告は知恵の樹208号に掲載)
   「図書館のめざすもの―変わりつある図書館を考える」 
♢講師 山口源治郎氏(東京学芸大教育部教授)

♢内容 なぜ図書館が必要のか、 図書館の変わりつある状況、

    市民と行政責任役割をお話し いただき、私ちが何をすべなのか考えます。
◇日時   12月4日(日)  14時00分~16時30分
◇会場   ベルブ永山(永山公民館 集会室)
              京王線・小田急線永山駅下車徒歩3分      
◇定員   45人 申込先着順10月23日より受付 全回参加優先。

    定員に余裕があれば1回でも可能          
◇参加費  資料代 300円

申込先はチラシをご覧ください。連続講座の今後の予定も載っています。

ダウンロード
2016.12.4.永山公民館連続講座第2回山口源治郎氏チラシ.pdf
PDFファイル 281.9 KB

第27回多摩デポ講座  (終了)
「多摩地域の図書館行政を担う図書館員に聞く」その3
「私の図書館での仕事、そして多摩六都連携」
 主催:特定非営利活動法人 共同保存図書館・多摩
日時:11月14日(月)午後6:30-8:30
会場:立川市女性総合センター・アイム5階 第3学習室
参加費:無料(どなたでも参加できます)申込先はチラシをご覧ください。

ダウンロード
第27回デポ講座チラシ.pdf
PDFファイル 192.0 KB

柿の木文庫第63回地域おはなし会(終了)

日時:12月3日(土)午後2時~2時40分 

会場:和光大学ポプリホール鶴川 

   (鶴川駅徒歩2分)

   3階リハーサル室

主催:柿の木文庫

参加費:無料 申し込み不要。当日おいでください。

幼稚園生くらいから大人まで、どなたでも。

冬のおはなしをお楽しみください。

演目、問い合わせ先など、詳しいことは下のチラシをご覧ください。

ダウンロード
第63回柿の木文庫おはなし会ちらし.pdf
PDFファイル 146.4 KB


講演会 (終了しました)

図書館における
指定管理者制度導入について 考える

~制度の概要と政府の動向 ~

  講師:松 岡 要 氏

(日本図書館協会元事務局長)
日時:9月4日(日)14:30~16:30
場所:町田市立中央図書館ホール(6階)

☆講演内容は、知恵の樹205号と206号に掲載されています。  

ダウンロード
2016.9.4.松岡氏講演会チラシ.pdf
PDFファイル 785.7 KB