お知らせ

今、町田市では、財源不足などを理由に身近な公共施設を統廃合しようとする計画がすすめられています。市の計画に対して意見を言うには市民も市の行財政について学ぶ必要であるとして、当会では、まちだ自治研究センターと共催で「市民が考える町田の行財政」と銘打った学習会を3回シリーズで開催しました。(学習会の報告は以下に掲載しています。)

 

同時に、当会の会員の有志が中心となって多くの市民と手をつないでこの問題に対処しようと「まちだ未来の会」を立ち上げました。当会としては、この「まちだ未来の会」の活動をサポートすべく、このホームページ上に「まちだ未来の会」のページを作りました。

今までの活動を紹介、公共施設再編計画についての請願署名簿もダウンロードできます。

 


学習会開催

今年度は町田の行財政について学ぶ学習会をシリーズで行いました。


町田市の生涯学習や文化行政に関心を寄せる市民の会「まちだ未来の会」よりお知らせ

 

まちだ未来の会 第9回学習会のお知らせ

まちだ未来の会では、いま、市民の側から考えた「公共施設再編」のプラン(市への対案)を練っています。その案を踏まえて、来る1月21日(日)2時から4時30分まで、町田市民文学館を会場に、第9回学習会を「市民版公共施設再編計画検討委員会」として開催します。詳しくは以下のチラシをご覧ください。

市議さんや市長候補の方々を始め参加者の方々にご意見、アドバイスを伺おうという企画です。

市議の方にどれくらい参加していただけるか今のところ皆目わかりませんが、ぜひ多くの方々に参加していただき、市民にとってより良い再編計画を共に考えたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。


『知恵の樹』の最新号


9月26日に知恵の樹216号を発行しました。

巻頭言では、<町田の未来を拓く「まちだ未来の会」の心意気>と題して、薗田碩哉氏(まちだ未来の会代表・NPO町田市レクリエーション連盟理事長)が民主主義とは未来を市民自らが作り上げるということでなければならない。与えられる未来でなく、未来を生きるはずの市民が発想し、調査し、論議を尽くしてまとめ上げる未来のデザイン、それが民主社会にふさわしい計画であるとし、未来の会のめざすところを、市の公共施設再編計画なるものを、与えられる未来計画でなく、市民による、市民のための計画に再編することとした。 未来は必ずしもバラ色ではないかもしれない。霧がかかってよく見えないところもあるかもしれない。しかし、未来は、過去とは違って可変的である、そこで問われるのは夢でありビジョンでありアイデアであり、それらを生かす構想力であると論じた。そして、宮沢賢治の詩を引用し、未来からの光と風が「未来の会」に豊かな実りをもたらしてくれることを願っていると結ばれた。 

・<「浪江虔と市立南多摩農村図書館」展に寄せて>と題して駒田和幸氏が自由民権資料館で展示された標記の季節展示を紹介。2003年に行われた企画展にも言及、広報不足で来館者が少なかったのは残念と結ばれた。

・新しい連載企画<こんな本みーつけた!>の第1回として動物が登場する本『としょかんライオン』と『図書館ねこデューイ 町を幸せにしたトラねこの物語』を紹介(鈴木真佐世)

・市民が考える町田の行財政その3「町田市の財政と指定管理者制度ー図書館の問題を中心にー」の報告:7月21日、中央図書館ホールで、まちだ自治研究センターと当会の共催により開催(44名参加)

以下の2つのテーマでお話を伺いました。(報告:鈴木真佐世)

1)町田の図書館はいまー現場からの声ー 高松昌司さん(町田市職労六分会協議会)

2)町田市の財政と指定管理者制度 伊藤久雄さん(東京自治研究センター理事・認定NPO法人「まちぽっと」理事

第16期図書館協議会の第19回定例会及び第17期図書館協議会の第1回定例会の報告(清水陽子)

 各定例会の議事録(町田市立図書館のホームページに掲載)はクリックしてご覧ください。

・ひろば(当会9月2日例会報告)




学習会「市民が考える町田の行財政」3回シリーズについて 

 

2月15日に、町田市では「まちだ未来づくりプラン」に基づく「町田市5ヶ年計画(17-21)」が、市のHPに公表されました。また、「町田市公共施設等総合管理計画(実行計画)」の策定が進められています。そこでは、図書館や博物館、自由民権資料館、市民文学館など多くの生涯学習関連施設について、再編・統合、存廃の可否、民間活力の導入などが明記されようとしています。

人口減少や高齢化の進展による税収の落ち込みに加えて、これから増大が見込まれる社会保障費や公共施設の維持管理経費などにより、市の財政が危機的な状況になるというのが理由のようです。この間、図書館資料費が大幅に削減されているのも背景は同様と考えられます。

市民生活に不可欠な図書館、また町田らしい文化発信拠点としてユニークな活動を展開してきた文学館などの施設について、これからも拡充させていかなければなりません。

そこで、これからシリーズで、町田の行財政について市民の視点から考えてみたいと思います。当面は図書館を中心にした文化施設にスポットを当てて、掘り下げてみたいと思います。

 

市民が考える町田の行財政その1(終了)

第1回は、財政状況の全体をつかむため、講師の解説のもと『町田市の財政』を読みます。奮ってご参加ください。(参加は申込制です。)

日時:3月10日(金)18:00~20:00

会場:町田市立中央図書館6階ホール
主催:まちだ自治研究センター/町田の図書館活動をすすめる会

詳細は下記のチラシPDFをご覧ください。

ダウンロード
市民が考える町田の行財政その1チラシ.pdf
PDFファイル 143.0 KB

市民が考える町田の行財政 その2 (終了)

「公共施設総合管理計画」ー市民生活にもたらす影響は?-

日時:2017年5月23日(火) 18:00~20:00 

会場:町田市立中央図書館6階ホール

内容:「公共施設総合管理計画」から見えてくる課題・他市の状況など

講師:(東京自治研究センター理事、NPO法人「まちぽっと」理事

参加費:無料

主催:町田自治権研究センター/町田の図書館活動をすすめる会

問い合わせ:自治労町田職員組合内 まちだ自治研究センター ☎042-724-2194

または町田市役所内線5739  FAX042-724-5903 

 

ダウンロード
市民が考える町田の行財政その2 チラシ.pdf
PDFファイル 134.4 KB

市民が考える町田の行財政 その3 (終了)

町田市の財政と指定管理制度ー図書館問題を中心に-

日時:2017年7月21日(金) 18:00~20:00 

会場:町田市立中央図書館6階ホール

内容:①町田の図書館はいま―現場からの声ー

    高松昌司さん(町田市職労図書館六分会協議会)

   ②町田の財政と指定管理者制度

    伊藤久雄さん(東京自治研究センター理事)

参加:当日、直接会場にお越しください。 参加費:無料 

主催:町田自治権研究センター/町田の図書館活動をすすめる会

問い合わせ:自治労町田職員組合内 まちだ自治研究センター ☎042-724-2194

 または町田市役所内線5739  FAX 042-724-5903 

 

◎学習会シリーズその3の報告は知恵の樹No.216 をご覧ください  

 

ダウンロード
市民が考える町田の行財政その3チラシ.pdf
PDFファイル 143.4 KB

関係団体の学習会のお知らせ

永山公民館市民企画 連続講座「中央図書館は未来を開く」第3回 終了)

「図書館が日本を救う―図書館の可能性―」

♢講師 常世田 良 氏     立命館大学文学部教授(元浦安市立図書館長・日本図書館研究会理事
    多摩市立図書館本館再構築基本構想策定委員会委員)

♢内容 全国でもトップクラスの優れた図書館サービスを展開している浦安市立図書館の元館長

    常世田 良氏に、図書館の役割・使命、図書館の可能性について実例を基に話していただき、   

    これからの多摩市立図書館のめざすところを、市民と行政と一緒に改めて考えます。

◇日時  2017年1月15日(日)午後2時~4時30分

◇会場  ベルブ永山(永山公民館) 4階 集会室
      京王線・小田急線永山駅下車徒歩3分   
◇定員  45人(申込 先着順受付中)
            全回参加優先。定員に余裕があれば1回でも可能           
◇参加費 資料代 300円

申込先はチラシをご覧ください。連続講座の今後の予定も載っています。

 

ダウンロード
2017.1.15.永山公民館連続講座第3回常世田良氏チラシ.pdf
PDFファイル 313.3 KB

 永山公民館市民企画    連続講座『中央図書館は未来を開く』第 2 回 

終了。参加報告は知恵の樹208号に掲載)
   「図書館のめざすもの―変わりつある図書館を考える」 
♢講師 山口源治郎氏(東京学芸大教育部教授)

♢内容 なぜ図書館が必要のか、 図書館の変わりつある状況、

    市民と行政責任役割をお話し いただき、私ちが何をすべなのか考えます。
◇日時   12月4日(日)  14時00分~16時30分
◇会場   ベルブ永山(永山公民館 集会室)
              京王線・小田急線永山駅下車徒歩3分      
◇定員   45人 申込先着順10月23日より受付 全回参加優先。

    定員に余裕があれば1回でも可能          
◇参加費  資料代 300円

申込先はチラシをご覧ください。連続講座の今後の予定も載っています。

ダウンロード
2016.12.4.永山公民館連続講座第2回山口源治郎氏チラシ.pdf
PDFファイル 281.9 KB

第27回多摩デポ講座  (終了)
「多摩地域の図書館行政を担う図書館員に聞く」その3
「私の図書館での仕事、そして多摩六都連携」
 主催:特定非営利活動法人 共同保存図書館・多摩
日時:11月14日(月)午後6:30-8:30
会場:立川市女性総合センター・アイム5階 第3学習室
参加費:無料(どなたでも参加できます)申込先はチラシをご覧ください。

ダウンロード
第27回デポ講座チラシ.pdf
PDFファイル 192.0 KB



講演会 (終了しました)

図書館における
指定管理者制度導入について 考える

~制度の概要と政府の動向 ~

  講師:松 岡 要 氏

(日本図書館協会元事務局長)
日時:9月4日(日)14:30~16:30
場所:町田市立中央図書館ホール(6階)

☆講演内容は、知恵の樹205号と206号に掲載されています。  

ダウンロード
2016.9.4.松岡氏講演会チラシ.pdf
PDFファイル 785.7 KB