まちだ未来の会

詩とジャズの夕べ チラシ
詩とジャズの夕べ チラシ

スペシャルイベント

 ―詩とジャズの夕べ―

「まちだ未来の会」では、この秋の特別イベントとして、町田在住の詩人・中上哲夫さんと若手ジャズピアニスト・沖田大佑さんによる「ジャズと詩の夕べ」を下記チラシPDFのように開催します。中上さんはじめ町田の詩人によるジャズや町田をモチーフにした詩の朗読と、ジャズピアノのセッションです。軽くお酒など飲みながら、町田の豊かな文化にひと時心解き放とうという趣向です。

中上哲夫+沖田大佑 他にゲスト出演もあり

日時:11月29日(水) ⒙:30開場 19:00開始

場所:Cafe Imagine (JR成瀬駅から徒歩3分。

申込先:チラシのQRコードのメールへ。

ダウンロード
2017.11.29.詩とジャズの夕べ チラシ.pdf
PDFファイル 381.7 KB

第7回学習会を開催します!

「公共施設再編計画」を読み解く・採点する!?

日時 :11月23日(木)勤労感謝の日 午後2時~午後4時30分

会 場:町田市民フォーラム 第2学習室

内容:まちだの公共施設の何がそんなに問題なの?

   施設の複合化・集約化、民間委託だけが解決策なの?

   私たち市民はこれから何を考えていくべき?

  ☆地方自治体の各種計画の策定支援をなりわいにするコンサルタントを

   講師に、「町田市公共施設再編計画」の中身を改めて点検します。

参加申込:不要。当日会場へ

参加費:(カンパ)一口300円

連絡先:TEL 090(4703)8878(薗田)

 

ダウンロード
第7回学習会チラシ.pdf
PDFファイル 188.0 KB

<町田市民文学館の存続を求める請願>

10月9日に町田市民文学館の存続を求める請願の署名活動が始まりました。

請願の内容、署名用紙は請願についてのページをご覧の上、賛同いただけましたら、

署名にご協力ください。


まちだ未来の会とは

いま町田市では、身近な公共施設を統廃合しようとする計画が進められています。

先に公表された「公共施設再編計画(案)」や「町田市5ヶ年計画17-21」には、いくつかの地域図書館の廃止、市民文学館や博物館の存廃の検討、生涯学習センター等への集会施設の集約、各施設の民営化など、市民の知る権利や学習権に大きな影響を及ぼす方針が数多く掲げられています。

このままでは図書館をはじめ、町田市の生涯学習や歴史・文化が守れないとの危機感から、当会の有志が呼びかけ人となって、町田市の生涯学習や文化行政に関心を寄せる市民が集まり、「まちだ未来の会」を立ち上げました。

まちだ未来の会の活動について

6月には市が町田市広報に再編計画の考え方と方向性が掲載され、市民アンケートや各地での説明会、意見募集なども行われました。市民生活に大きな影響のある今回の計画について、その背景や内容を多くの市民がしっかり把握しておく必要を感じて、5月、6月、7月、8月、9月、10月 と6回の学習会(記録は「今までの学習会について」のページのPDF版を)を開きました。また、市に対しては意見書(内容は欄外のPDF版を)も提出しました。学習会、意見書の内容など活動の詳細は、まちだ未来の会のブログ をご覧ください。また、まちだ未来の会のツイッター も始めました。

 

そして、市議会でしっかりこの問題を取り上げて審議していただきたいと考えて、請願をすることになり、7月から9月議会開催までの期間、2津の請願の準備をしてきました。

<市民生活に根ざした「公共施設再編計画」の策定を求める請願>

<鶴川図書館の存続を求める請願>(鶴川地域での、住民が中心となっての署名活動)

請願の内容については、請願についてのページをご覧ください。

 

 皆様のご協力のおかげで、それぞれ、1699筆と5621筆の署名が集まり、

両方を9月議会に請願を提出しました!  署名のご協力をありがとうございました。

それぞれの結果を踏まえて、活動を前進させるべく、次の学習会を開催いたします。

 

 

<町田市民文学館の存続を求める請願>

10月9日に町田市民文学館の存続を求める請願の署名活動が始まりました。

請願の内容、署名用紙は請願についてのページをご覧の上、賛同いただけましたら、

署名にご協力ください。




請願の審議内容とその結果について

請願についてのページをご覧ください。